ラバージグのソークにジョンソンベビーオイル

昔から、ラバージグが冬にビックバスを獲る手段として、メディア等で紹介されていますが、ファインラバーのラバージグ&ポークの組合せは、よく目にする組合せでではないでしょうか。

ファインラバーの性能を最大限に活かすためにも、ソークをするのが当たり前となっています。ソークをすることで低水温でも、硬くなりがちなラバーが柔らかさを保って艶かしく動く?らしいですが、実際のところどうなのか?

今回は釣具屋では売っていない、お手頃なソーク剤を使って、実際にソークの効果を検証してみました。

どうも!「釣り病感染者&乾燥肌」のたけぼ~です/(^o^)\

ラバージグを買って、おろしたてのまま使うってことは、最近はまずありません。

トレーラーに合わせて、動きを邪魔しないようにだったり、バランスをとるために、ラバーをカットするのはもちろんですが。

買ったばかりのラバージグはどうもフレアしづらいですよねぇ。。

なので、釣りに持っていく前に、フレアし易いようにチューニングを施します。

チューニングといっても、とっても簡単な内容です。

Sponsered Link
レクタングル(大)広告

ジョンソンベビーオイルでソーク

エコギアのパワーオイルなど、釣具屋で販売されているソーク剤ですが、身近な薬局等でソーク剤の代わりになるものが、手に入ります。

最近、私がよく使っているのが、ジョンソン ベビーオイルです。

釣具屋で買うよりも割安ですし、釣りと乾燥肌に、冬の強い味方です。笑

今回はベビーオイルを塗って、30分放置し、軽く水洗いと水を拭き取り、効果の確認をしました。

ラバージグはOSPのゼロワンジグです。

ソークの効果

見た目の効果として、

  • 色が濃くなる
  • 粉っぽさがなくなる
  • ラバーが若干長くなる
  • ラバーが若干太くなる

上記の変化は、オイルがラバーに浸透したためだと思われます。

ソーク前(全長6cm)

ソーク後(全長6.7cm)すこし伸びました?!

また、オイルがラバーに浸透したことにより、

ラバーの浮力が増して、フレアしやすくなりました。

ソーク後のフレア感

イイ感じにフレアしてくれています(・∀・)!!

まとめ

釣具屋で売っているソーク剤以外でも、ファインラバーのソークは可能です。

ソーク後はラバーが長くなりますので、ハサミでカットするなどして、調整してください。

ジョンソンベビーオイルは容量も多く、割安で、乾燥肌にも使え一石二鳥。

ソークはとてもお手軽に出来るので、ラバージグでビックバスを獲るために、是非ともやっておきたいチューニングです(´∀`*)

Sponsered Link
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする