フットボールラバージグを自作する その1

どうも!「ハンドメンザ感染者」のたけぼ~です/(^o^)\

昔々、学生だった頃、ハンドメイドルアーの巨匠 HMKLの泉和真さんの講演を聴く機会がありました。

そのときに、聴いた話で、10年以上経った今でも、忘ずに覚えている、ハンドメイドルアーを作るときの、大事なお話を紹介します。

「ルアーを作るとき、まず、考えなければならないことって何だと思いますか?」

「まずは、フックを決めることです。」

「フックを基準にして、ルアーをデザインしていくことが大切です。ふふふ」

当時の私はフックのことなど、出来上がったルアーに装着するのだから、最後で良いだろう…。と、愚かな思考を持っておりました。。。\(^o^)/

フックって、基本的に自分で作るものではないので、メーカー製のものを仕入れて、使いますよね?

フックを後回しでルアーを作ると、フックとのバランスを取るのに苦労する、もしくは、せっかく作ったルアーにぴったり合うフックが見つからない…?!

といった、ことになりかねません。

「ルアー製作はフックありき」なんです。

ということで、ここでタイトルの「フットボールラバージグ自作」にやっとつながるのですが。笑

ファーストステップのフックの選定にとりかかり、通販でラバージグ用のフックを注文しました!

昔から、愛用している土肥富製フックです。

引用:(株)土肥富インターネット通販ホームページ

No.1956 Jig Hook 56,環付,丸軸,鋼製,化学研磨付

今回は、1号と2号を注文しました。

フックが届き次第、原型製作に移っていきたいと思います。

進捗は、細かく記事にUPしていきます!

次回「フットボールラバージグを自作する その2」に続きます。

Sponsered Link
レクタングル(大)広告
今すぐたけぼ~船長に電話予約!