ヘビーテンヤのテスト釣行2回目

どうも!釣り病のたけぼ~です\(^o^)/

ヘビーテンヤプロジェクトが始動してから、とてもスピーディーに開発が進んでおります!

これも、強力な助っ人、松島シーネットの石幡船長のお力添えがあってこそ!

一番肝心な実釣性能のテストは開始直後から、予想以上の結果となっています…。

今回製作したヘビーテンヤのコンセプトとして、

エビ餌仕様とワーム仕様の2種類の使い分けが可能

とマルチな使い方ができるテンヤを目指して開発しました。

2回目のテスト釣行は、エビ餌仕様とワーム仕様の2種類の釣り比べとなりました。

Sponsered Link
レクタングル(大)広告

エビ餌仕様

上の写真はブレードが装着されていますが、エビ餌仕様の場合は、孫バリを装着します。

今回は石幡船長にエビ餌仕様の試し釣りをして頂きました!

が、

やはり、船長のキャリアは伊達じゃありませんでした・・・。( ゚д゚ )

船長釣りすぎです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/汗

エビ餌仕様の仕上がりは問題ないようで、課題であったテンヤの水平姿勢と水切りの良さ(餌がなくなっても抵抗感で解る)を無事にクリア出来たようです!

ワーム仕様

シリコンスカートとブレードを装着し、アピール力を強烈にUPした仕様。

今回はマニキュアで色を塗り、かなりド派手仕様に…(^ω^)

クロソイ、アイナメ、ヒラメ、マダラと魚種問わず釣れまくりです\(^o^)/

試し釣りで分かったのはフォールでのバイトが非常に多いこと。

ほとんどの魚がフォールでバイトしてきました。

フォール姿勢や着底直後の姿勢、ラバーのフレア等、魚の喰いやすい状態を作れているのだと思います。

食わせのタイミングが掴みやすいのも良い点でした。

命名:蛇テン(ヘビテン、ジャテン)

石幡船長とヘビーテンヤの名前をどうしようか…と話していたところ、

蛇のごとく魚を絡め取る&おやじギャク要素を盛り込んで、

蛇テン(ヘビテン、ジャテン)はどうか?と提案があり、速攻で決まりました。笑

頭のなかに、す~っと入ってきたネーミングに、私もぴったりだと思いました!

ワームをつけると得体も知れない生き物感が半端ないですが。

なんだか、だんだん蛇にみえてきそうな気が・・・。( ゚д゚ )

無事に名前も決まり釣果も良く、ヘビーテンヤプロジェクトは順調に進んでおります。

今後もテストを繰り返し、完璧なテンヤに仕上げます!

気になる方、使ってみたい方は、数に限りがございますが、松島シーネットで試供品を用意しております。乗船される際に、船長にお声がけください。

Sponsered Link
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする