命名!「Living head(リビングヘッド)」デビュー戦からの躍進。

どうも!「釣り病」のたけぼ~です\(^o^)/

平日に会社をズル休み、有給休暇をとってボートロックにいってきました。

平日の釣行…なんと清々しい気分だろうか。。(^ω^)

今回は以前から製作していた、ディープロックフィッシュ用ジグヘッド(約40g)のお試し釣行です。

はたして、釣れるのか・・・・。

Sponsered Link
レクタングル(大)広告

結果

釣れます。笑

めっさ釣れます\(^o^)/

船長と同船者のお力添えもだいぶあって、デビュー戦から大活躍しました!

狙ったとおりのワーム(エコギア パワーシャッド5インチ)の組合せにて、Goodサイズが幸先よくヒットします。。

同船者もすぐ釣ります。笑

気がつけば、突然、たけぼ~の後ろで55cmのBIG ONEが釣れていたり…。

ゴジラ(゚∀゚)キタコレ!!

そのすぐあとに、たけぼ~に…

56cm!ゴジラ(゚∀゚)キタコレ!!

そのあとはチビクロを追加し、

朝マズメが落ち着いてきてからも、ポツポツと!

同船者の方が釣ってくださいました。

皆さん、色んなワームで釣ってます。笑

今回3人で釣ったクロソイ、なんと!すべてLiving headでの釣果です!

新作のディープロックフィッシュ用ジグヘッド「Living head(リビングヘッド」はデビュー戦から、とてつもない釣果を叩き出しました。。。

56cmゲット!たけぼ~お気に入りワームセッティング

Living head & 鮃狂(フラットジャンキー) ダックフィンシャッドR

頭をカットしてワームにセットしました。

もともとパワーシャッド5インチ用につくったジグヘッドですが、リアル系のコンセプトからこちらの、ダックフィンシャッドとの相性も抜群です。

「Living head」名前の由来

Living headの名前の由来ですが、Living dead(生ける屍)をもじって、「生けるお頭」から命名しました。

命名の裏話しとして、Living headで釣ってもってかえったクロソイを捌いたら、お頭の状態でしばらく活きていて衝撃をウケたから…という説も。笑

今回の釣行で、ワームがズレやすいという課題も見つかったので、ワームキーパーの形状を変えて、最終調整に入っていきます。

製作モチベーションMAXで頑張ります!

Sponsered Link
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする