ロックフィッシュゲームのフグ対策を考える…

どうも!ネウ病のたけぼ~です\(^o^)/

ちょくちょくロックフィッシュの釣査に行っております。

ロックフィッシュゲームってワームの消費量が半端なくありませんか?その消費の大半の原因を作っているのが・・・

フグちくしょう!(*_*)

仙台湾フグだらけです!いついかなるときも\(^o^)/

(ぼうずコンニャクの市場 魚介類図鑑より引用)

そりゃあもう、物凄い勢いでワームを食してきます。。ひどいときは群れでワームに襲いかかり跡形もなく噛みちぎっていきます。。。

シャッドテールやグラブのテールなんか、ワームを交換して1投でなくなったりしますし(;´∀`)

↓のアイナメは尻尾の無くなったサターンワームFATでキャッチした魚ですが、

胴体だけになっても釣れるワームのセレクトがなにげに釣果を伸ばす重要な要素となっているような気がするんです。

後は消耗が激しいので値段が安いことも重要です(^ω^)爆

最近良く使っているのは、このあたりのワームです。

とくにガルプのパルスワームのイモは卑怯くさいですが、釣れるんですよ。。。

ガルプは少しコスパは悪いですが、コスパ重視ではスイングインパクトやサターンがワンコインで買える範囲でおすすめです。

もはやなんの変哲もないイモグラブなんか、ものすごく釣れるわけですがね・・。

ショートバイトでなかなか乗りづらいときはワザとイモにして一口で頬張らせ、アタリがあったら即フッキングで掛けていくなんてこともできますし。

シャロー限定ならフグに噛み切られないハードルアーも良いんじゃないかと、タックルボックスを物色してみました。

ウネリがなく穏やかで水深が1~2m程度の水のきれいなエリアはアイナメが飛び出してくるのがよく見えます。こんなところでミノーイングしたら面白そうですね!

Sponsered Link
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

Sponsered Link
レクタングル(大)広告