シーバス

ポイント
浅場の海藻周り、根周り、岸壁やテトラなどの人口構造物が主なポイントになります。現在シーバス便で狙っているのは水深5m未満のシャロー帯がメインになります。

釣り方
エレキ操船でポイントと適度な距離に船をつけキャスティングで狙っていきます。シーバスのついているポイントの奥へ正確にキャストを決めることが最も重要です。ルアーの着水地点は直撃でも手前でもダメです。また、水深やストラクチャーの種類にあったルアーセレクトも重要です。基本的にミノー、ジグヘッド、バイブレーション、テールスピンなどでただ巻きの釣りになります。水深1m未満のドシャローも狙いますので状況によってはトップウォーターの釣りも効果的です。

タックル
・汎用性のあるスピニングタックル6フィートから7フィート前後
 L~MLアクションで10g~20gが扱いやすいパワーのもの
 スピニングリール3000番、PE1~1.2号 リーダー14~20ポンド

・ストラクチャー撃ちベイトタックル6フィートから7フィート前後
 少し張りのあるMLアクションでフリップキャスト多様、10~20gが扱いやすいもの
 ベイトリールは立ち上がりの良い軽量スプールでギヤ比HGかXG、PE1.2~1.5号、リーダー16~25ポンド

※注意事項
小径ガイド、柔らかすぎる、長すぎてボート上で取りまわしづらい等、キャストに向かないタックルの使用はご遠慮ください。8フィート以上のロッドは使用禁止とします。長すぎるリーダーはガイド抜けが悪いので1ヒロ以内で短めのセッティングを推奨します。また、怪我や事故のリスクを減らすためフックはバーブレスにしていただくようご協力をお願いします。キャストの際は周りに十分注意して行ってください。

船長からのワンポイントアドバイス
タックルセッティングとキャスト精度がとても大事です!キャストに慣れていない初心者の方はスピニングタックルから始めてみましょう。基本的にラインシステムはPEとナイロンもしくはフロロカーボンリーダーになります。リーダーの結束が悪かったり、結びこぶが大きすぎたりしてキャストの際にガイドに絡まると大変危険です。ラインの結束が不安な方は船長が結び方をレクチャーしますのでお声がけください。

釣果写真

Sponsered Link
Sponsered Link
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フィッシングシンドロームをフォローお願いします!m(_ _)m