タチウオ

ポイント
水深20~40m前後、潮通しが良くベイトの溜まる砂泥エリアや根のかけあがり付近がポイントになります。ベイトの存在が鍵となるのでベイトの有無でポイントは大きく変わります。

釣り方
魚探の反応を見つけてシューティングの釣りがメインになります。船長の合図を待って合図とともにいち早くルアーをタチウオの居る層に落とすかが重要です。ボトム付近にいることが多いですが、ベイトを追いかけて表層~中層付近まで浮いてきていることもありますので、カウンター表示機能付きのベイトリールで棚合わせしてやると釣果に繋がりやすいです。タチウオ特有の鋭い歯でラインをカットされることもありますので、リーダーの先糸はフロロカーボン50ポンド前後かワイヤーリーダーを使用します。食いが立っているときはジグやテンヤのフォールで食ってくることもありますが、リフト&フォール、ただ巻きなど、その日によって効果的なアクションは異なるので色々なアクションパターンで探ることが重要です。ジグ、ワーム、テンヤの餌ともに大きめのものに反応しやすい傾向があります。
カラーはタチウオ専用のものでパープルやピンク、ゼブラ系のものが良く釣れています。嚙みつき系のバイトをしてくるので、絡め捕れるようにフックはタチウオ専用のクワトロ、もしくはワイヤーツインフックなど針先の鋭いものを使用してください。水面でバレやすい魚なのであまり躊躇せずスムーズな抜き上げ動作でランディングしましょう。歯が鋭く危険なため釣りあげた後はタチウオばさみなどで怪我のないよう取り扱って頂くようよろしくお願いします。暴れた際の尻尾は鞭のように強烈なため十分お気を付けください。

タックル
・スロージギングタックル
 6フィート前後、ジグウエイト80~150g、ベイトリール150~300番、PE1~1.2号、リーダー20~30ポンド、先糸ワイヤーもしくはフロロ50ポンド

・テンヤタックル
 6~7フィート前後、タチウオテンヤ専用先調子のものはアタリが取りやすいです。ベイトリール150~300番、PE1~1.2号、 リーダー20~30ポンド、先糸ワイヤーもしくはフロロ50ポンド
 テンヤ号数10~30号、餌は大きめのマイワシの反応が良いですが、カタクチイワシやキビナゴでも可。または6インチクラスのワームでも。テンヤはアシストフック装着の方がキャッチ率が高いです。

船長のワンポイントアドバイス
ラインカットによるルアーロストが懸念されますのでリーダーの先にはワイヤーかフロロ50ポンド前後の先糸の装着をお願いします。フックも通常のスロージギングやライトジギングで使用するアシストPE仕様のフックでは簡単に切られてしまいます。クワトロフック、トリプルフック、もしくは専用のワイヤーツインフックを使ってください。タチウオはタチウオ専用のセッティングで釣りをしましょう。

釣果写真

使用ルアー


Sponsered Link
Sponsered Link
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フィッシングシンドロームをフォローお願いします!m(_ _)m