マゴチ

ポイント
水深5m前後の砂地。サーフエリアで離岸流などの地形変化のあるポイント。

釣り方
砂地のブレイクやヨブ、離岸流によってできた地形変化についたマゴチを狙います。基本的に浅場の広範囲をキャストで探ってきます。ベイトはイワシやハゼなどの小魚、シャコやカニなどの甲殻類がメインになるので、その時捕食しているベイトにあったワームセレクトと誘い方が重要になってきます。サーフでは根掛かりはほとんどないのでフッキング重視のジグヘッドでの釣りが効果的です。テキサスリグでの釣りも効果的ですが、オフセットフックではなくストレートフックの使用を推奨します。

タックル
・スピニングタックル
広範囲を探るのに飛距離が出せるスピニングタックルが有利になります。
ジグヘッド5~14g
7フィート前後、L~MLアクション、スピニングリール3000番、PE0.8~1.5号、リーダー12~20ポンド
・ベイトタックル
ショートキャストで手返し良く近距離を探るのに使用。甲殻系の釣りでボトムバンプやズル引きの釣りに使用。
ジグヘッド10~21g
7フィート前後、ML~MHアクション、スプール回転性能の良いルアーキャスティング用ベイトリール
PE1~1.5号、リーダー14~25ポンド

※注意事項
サーフおかっぱり用のロングロッドを持ち込まれる方がいらっしゃいますが、ボートの上では取りまわしづらく、キャストの際は危険なため8フィート以上のロッドの持ち込みは禁止とします。小径ガイド、柔らかすぎるロッド、落とし込み用のベイトリールでの無理やりのキャストなどボートでのキャスティングに向かないタックルの使用はご遠慮ください。 また、怪我や事故のリスクを減らすためフックはバーブレスにしていただくようご協力をお願いします。キャストの際は周りに十分注意して行ってください。

船長からのワンポイントアドバイス
船の真下に落としても釣れなくはないですが、広範囲をキャストして探るのがマゴチ釣りの基本になります。キャストのできるタックルセレクトが大前提です。産卵で浅場に入ってきたマゴチを狙うので産卵のタイミング次第ではものすごく低活性になります。軽めのシンカーで違和感を減らしたり、わざと重いシンカーにしてメリハリのあるアクションによるリアクションバイト狙い、良く動く&ほっといても勝手に動くワームのセレクトなどが時に大きく釣果を左右することがあります。マゴチは餌を噛んでから丸のみするまでは早い魚ですが、ルアーに食いついた場合はちょっとした違和感ですぐに離してしまう傾向もあります。違和感を少しでも無くすために、基本的にルアーのウエイトは軽めのもの、ロッドは硬すぎないもの、ワームは柔らかめのものが効果的です。フッキング性能の高いジグヘッドでの釣りですからアワセのタイミングも即アワセか少しテンポをおくらせる程度で十分だと思います。呑みこませすぎは魚をリリースしても生きられない状態になりますので、リリースも配慮した釣り方を心がけましょう。

釣果写真

Sponsered Link
Sponsered Link
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フィッシングシンドロームをフォローお願いします!m(_ _)m